男女・年齢を問わず起こる薄毛の原因

薄毛の原因によっては男性によく見られたり、あるいは女性によく見られる症状があります。また、年齢によっても発生し易い症状もありますが、しかしながら誰にでも共通する薄毛の原因もあるのです。薄毛を招いてしまう原因として、毛根の栄養不足が挙げられます。髪の毛の大元になっている毛根が栄養不足になれば当然髪の毛も細くなってしまいますので、それによって薄毛になってしまう事があるのです。ですから育毛の為にもしっかりと栄養補給を行う事が大切になりますが、ただ毛根への栄養供給は後回しにされてしまいますので、普段の食事だけでは不足してしまう可能性があります。その為、サプリメントを活用するなどして栄養補給を行うのが望ましいと言えます。ストレスによる薄毛も男性でも女性でも、そしてどの世代にも共通する原因です。ストレスを感じるとホルモンバランスの乱れを引き起こしますので、それによって薄毛を促進する男性ホルモンの活動が活発になる事があります。さらには自律神経にまで影響を与えて皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境が悪化して薄毛に繋がるような事もあるのです。ストレスは育毛にとってマイナスの影響になる存在ですので、ストレスの原因を取り除くなどの対策が必要です。その他にも薄毛の原因になるのが睡眠の質の低下です。髪の毛の成長を最も活発にするタイミングである睡眠の質が悪くなれば育毛にも影響を与えてしまいますし、特に現代人は生活が不規則で睡眠の質も低下しがちです。質の悪い睡眠が日常的になっているようですと薄毛の促進になりますので、良質な睡眠を意識する事が大切です。こうした原因は誰にでも共通しますので、育毛の為にも各ポイントをしっかりと改善する事が大切と言えます。

女性や若年者の薄毛に効く医療成分

薄毛が多い世代というのはこれまでは男性の方に多いとされてきていましたが、近年は女性や若い世代でも薄毛に悩む人たちが人知れず増えてきています。社会にでる事でのストレスや様々な環境の変化、食事などのバランスも取れなくなりがちになっています。その為、数多くの育毛剤なども販売がされているので、利用をしてみた事がある人もいるでしょう。効果的に育毛をしたいと思うのであれば、購入する前にきちんとどのような成分が使われているのかもチェックしておくといいでしょう。女性特有の薄毛に関しては、乾燥なども原因になりますから、まずは保湿成分がどれぐらい配合されているのかもチェックしておきましょう。育毛にも効果があるとされるセンブリエキスやグリチルリジン酸ジカリウムなども入っているとポイントとしては高いです。他にも、抗男性ホルモン作用があるチョウジや、女性ホルモンの調整作用があるカンゾウエキスやヨモギエキスなどの表記もあるか見てみましょう。ふけ等に関しては抗菌作用がある成分の配合があると望ましいです。ペパーミントやウイキョウなど、また抗酸化作用のあるものとしては、セージやボダイジュなどがあります。育毛をしていこうと思ったら、毛の生え変わる周期に合わせてケアをしていく事で効果が出ます。何か商品を使うときには3ヶ月から半年程度を目安にして使い続けていくことで効果の有無が感じられます。かゆみや湿疹などがでた場合には肌に合わない可能性があるので切り替えた方がいいですが、そうでない場合には決めた期間をじっくりと育毛に取り組んで経過をみるようにしましょう。無添加で化学成分が少ないものなどを選ぶようにするのも効果的です。

AGA・薄毛に効果のある食材とは

AGAの原因は、活性型男性ホルモンというジヒドロテストステロンの影響ですが、その他にも遺伝や頭皮環境の悪化などが複雑に関係しています。食事は頭皮の状態を大きく変化させるので、育毛効果のある食べ物を食べれば、AGAの進行を止めたり改善したりできます。まず育毛に良いのがワカメです。ワカメのような海藻類には、ヨードが含まれています。ヨードは血液の循環を良くするので、頭皮に栄養が届きやすくなります。またビタミンやミネラル、食物繊維も多く含んでいます。次に鮭です。鮭はタンパク質とビタミンDが豊富で、毛幹を構成するオメガ3の必須脂肪酸を含んでいます。必須脂肪酸には頭皮を健康的に保つ効果があります。しかし体内では作ることができないので、食材から摂取する必要があります。同様にクルミにも必須脂肪酸が含まれています。さらにクルミにはパントテン酸といったビタミンB群やビタミンEを多く含み、皮膚や粘膜が丈夫になるので、炎症を起こしている頭皮にも役立ちます。また牡蠣は亜鉛が豊富です。亜鉛はジヒドロテストステロンの発生を抑制します。またミネラルの一種であり、弱った毛母細胞を活性化させ、毛周期を正常に戻します。毛母細胞が強化させると髪の毛が太く抜けにくくなるためです。さらに亜鉛はタンパク質の合成に関わっています。髪の毛はケラチンというタンパク質からできているので、亜鉛が不足するとケラチンの合成ができずに髪毛が抜けやすくなります。全粒粉パンにも亜鉛が豊富に含まれていますが、タンパク質が多い牡蠣が育毛にはおすすめです。さらにほうれん草のような濃い緑色の葉物野菜に含まれる鉄やβ‐カロチン、葉酸、ビタミンCは、健康な頭皮と髪の毛に欠かせません。
■発がん性が疑われる物質が含まれていないエフペシア
エフペシアの効果・副作用について
■育毛を促進する治療薬
ロゲイン
■育毛や薄毛治療は専門医に見てもらおう
AGA治療を開始したいならこちら